作品紹介


− YAMAHA XJR1300 −


XJRの板金&オールペイントの紹介。
当初、タンクのヘコミのみの補修予定でしがストロボラインにもダメージがあり
板金するのならと。結果オールペイントのオーダーをいただきました。
人気の高いXJR。極上ペイントとハデハデのフレアーのご依頼です。
色見本を見て悩むオーナーさん。青い雰囲気であとは”おまかせ”でとのことでしたので
ストリートで目立ちそうなカラーリングにいたしました。





オプションパーツ満載のXJR。
フロント、リアフェンダーがカーボン仕様なのでアンダーカウルはカーボン風にペイント。
上部のみをファイヤーパターンにペイントします。


    

大きくヘコミのあるタンク。数箇所の傷。ストロボはステッカー。この条件からタンクほぼ全体補修。
ストロボ、ロゴはクリアーの中に貼られているために塗装作業までに多くの時間がかかります。




必要に応じて溶接、引き出し、シボリ作業をし、元のタンクラインに近い状態まで板金します。
パテを最小限に抑え面だし。
サフェーサーをいれて防錆、密着性を高めキッチリと下地処理を施します。





ベース色は粗めのメタリック。さらにギラツキ感をもたせるためにフレークもいれてギラギラの下地の完成です☆


        

各パーツの下地処理を施し仮組み。
フレアーの形はジャンルによって細かったり太かったり・・。
こちらのXJRはカスタムバイク&ストリート系ですので少々本数多めに(*ノ´Д`)ノ!!いれました。
全体のバランスを考えカウルライン、フレアーの形にこだわる私にとってマスキング工程はかなり時間を奪われます(涙)




地道な作業が続きます(汗") 再びマスキング。
今度は反対にマスキングし直しメインとなるキャンディ部分です。



  

エアーブラシでボカシをいれてキャンディ塗ってマスキングを剥がして・・。
ライン際はこのとおりクッキリ綺麗にだして間もなく完成。。。。
中研ぎをしデザイン際の段差をとって最終クリアです。



   

ヘコミのあったタンクも板金して綺麗サッパリ☆
アンダーカバーはカーボン風ペイントでまとめてみました。  クリック ↑↑↑




サイドカバーはスムージングしカスタムエンブレムを ヽ(・ω・*)ノ !!





ツルツルに鏡面仕上げし私がクッキリ写ってしまいました(´・ω・`)・・・
キャンディフレーク&ファイヤーパターン

実物は非常にゴージャスですが画像でお伝え出来ないのが残念です(涙)


      



トップページプロフィールメニューギャラリー価格表お申込フォームリンクメール
エアーブラシ : カスタムペイント
― Copyright (C) 2007 ColorHolic. All Rights Reserved. ―